映画『ファルージャ −イラク戦争日本人人質事件…そして−』上映会 / 多摩平和イベント実行委員会


‖概要(TOP) ‖開催趣旨アクセス過去の上映会
映画『ファルージャ −イラク戦争日本人人質事件…そして−』

『ファルージャ −イラク戦争日本人人質事件…そして−』上映会

イラク戦争から10年。「日本人人質事件」の当事者たちのその後、イラク「ファルージャ」の今をとらえたドキュメンタリー。

多数ご来場いただきありがとうございました。
開催: 2015年 3月28日(土曜日)
会場: 多摩市立永山公民館5階ベルブホール  交通のご案内
上映スケジュール
1回目  14:00〜15:35 『ファルージャ −イラク戦争日本人人質事件…そして−』上映
2回目  17:00〜18:35 『ファルージャ −イラク戦争日本人人質事件…そして−』上映
  各回上映後、伊藤めぐみ監督とのトークセッションあり(約50分) 
チケット料金
当日券: 一般1,200円/15歳以下600円
前売券: 一般のみ1,000円
<PG12> 12歳未満の鑑賞には、保護者の助言・指導が必要です。
※当日券は、残席がある場合のみ販売
チケット販売
はらっぱ (ベルブ永山3F)
あしたや (諏訪名店街)
ナチュランド・シルフレイ (永山 瓜生通り・南多摩尾根幹線近く)
喫茶・風 (聖蹟桜ヶ丘ヴィータ7F)
チラシ
  チラシ(PDFファイル875KB)
チケットネット予約は、終了しました。

●全席自由・各回入替制です。
●開場は上映開始15分前です。
●集中混雑時は整理券配布および入場制限を行なう場合があります。
●価格は全て税込です。

主催:多摩平和イベント実行委員会 問い合わせ TEL:050−3741−2009
協力:たえのは

トークセッションゲスト:伊藤めぐみ(いとう・めぐみ)監督

photo
1985年生まれ。2011年にテレビ番組制作会社に入社し、現在ADとして働いている。 『ファルージャ イラク戦争日本人人質事件…そして』は監督デビュー作であるとともに、番組を通じても初の演出作となる。
10年前初めて社会に対し何かしたいと思い、高校生ながらデモに参加した。 人質事件で世間からバッシングが巻き起こったことに関しても違和感を感じ続けていた。
今回、一般社団法人全日本テレビ番組製作社連盟(略称ATP)が 若手育成事業の一環として製作資金の支援と劇場公開の機会を提供する「ATP若手映画プロジェクト」にこの企画を応募。 見事採用され、本映画が制作されることになった。
まず2013年12月に新宿バルト9で一週間限定上映され、その反響を受けて各地で公開されている。

映画紹介

長編ドキュメンタリー映画『ファルージャ −イラク戦争日本人人質事件…そして−』
2013/日本/カラー/HD/95分
第1回「山本美香記念国際ジャーナリスト賞」
第14回「石橋湛山記念 早稲田ジャーナリズム大賞」奨励賞
「ATP若手映画プロジェクト」 第1回支援作品

イントロダクション

イラク戦争から10年。

当時、日本国内でバッシングが吹き荒れた「日本人人質事件」のことを覚えているだろうか?
イラク支援のために行った日本人3人。しかし、ファルージャの街で地元の武装グループによって日本政府へ自衛隊撤退を要求するための人質として拘束された。

当時、日本政府はアメリカが始めたイラク戦争を支持。「人道復興支援」のためとして、イラクに自衛隊を派遣していた。日本では3人の行為が国に迷惑をかけたとして「自己責任」を問う声が広がった。

この映画は、はからずも人質となった、高遠菜穂子さん、今井紀明さんの現在の姿を追い、そして未だ戦火の止むことのないイラク、ファルージャの生々しい現実を捉える。

先天異常児、国内紛争?まだ戦争が終わっていない国イラク


高遠菜穂子さんは、事件後のPTSDを乗り越え再びイラク支援を続けていた。NGOなどの団体に加わるのではなく、一人でイラクに通い支援と調査を行っている。イラクでの先天異常児は戦争以後、今も増え続けているのが実態だ。またファルージャで撮影中にも現政府と、対立する宗派の抗争も発生していた。

一方、人質事件のもう一人、今井紀明さんは、5年の間、対人恐怖症に苦しんだ。現在は、大阪で不登校や、ひきこもり経験のある通信制高校に通う若者を支援するNPOの代表をしている。社会から拒否された存在に、昔の自分をみて何かできないかと思ったという。

それぞれにとってあの戦争、あの事件が引き起こした問題は未だ終わっていない。

スタッフ・キャスト

高遠菜穂子

1970年北海道千歳市出身。大学卒業後、会社勤めなどをしていたが、30歳を機にタイやインドのマザーテレサの家でボランティアを始める。現在も 日本とヨルダンを拠点にし、短期でイラクに滞在しながら個人で医療支援などを行っている。

今井紀明

1985年北海道札幌市出身。高校生の頃からフリーライターとして記事を書き、NGOの代表もつとめていた。現在はNPO法人「D×P」の共同代表を務める。 通信制高校に通う若者を対象に中退防止のための授業を行っている。

監督
伊藤めぐみ
撮影
伊藤寛 大月啓介 大原勢司
編集
伊藤誠
音楽
吉田ゐさお
音響効果
早船麻季
デザイン・web制作
小川梨乃
宣伝
カプリコンフィルム
プロデューサー
広瀬凉二
製作・配給
有限会社ホームルーム
映画『ファルージャ −イラク戦争日本人人質事件…そして−』公式サイト

当サイトの資料は、映画『ファルージャ −イラク戦争日本人人質事件…そして−』サイトより一部抜粋、
《たえのは》で制作運営されています。

  たえのはバナー
個人情報取扱基本方針

‖概要(TOP) ‖開催趣旨アクセス過去の上映会

多摩平和イベント実行委員会
メールアドレス

Copyright (C) taenoha All Rights Reserved