2017EARTH VISION多摩 自然との共生 映画会『ふたりの桃源郷』『水と風と生きものと』

アースビジョン多摩は、環境をテーマとした映画会です。
13回目の2017年は、-自然との共生-をテーマとした作品
『ふたりの桃源郷』(2016年キネマ旬報 文化映画ベスト・テン 第1位)
『水と風と生きものと~中村桂子・生命誌を紡ぐ』
『生命の誕生~絶滅危惧種日本メダカの発生』 を上映します。
自然の中にある「いのちの音」に耳を傾けよう!中村桂子氏トークもお楽しみに。
みなさまのご来場を心よりお待ちしています!!
開催:2017年2月25日(土曜日)
会場:パルテノン多摩 小ホール(定員304名)    交通のご案内
12:30   開 場 「地球の一日」 (環境エネルギーテーマ映像)
13:00  アニメ「おとなりさんとわたし」「やっかい払い」
 映画「生命の誕生」~絶滅危惧種 日本メダカの発生
13:40  映画「ふたりの桃源郷」 1回目
15:20  映画「水と風と生きものと〜中村桂子・生命誌を紡ぐ」
17:20  中村桂子氏トーク
18:00  映画「ふたりの桃源郷」 2回目
20:00   閉 会
●入場無料、全席自由、出入り自由、途中の入れ替えはございません。
●申込・予約は不要、 直接会場にお越しください。
●開場時間12:30は行列と混雑が予想されますのでお早めにご来場ください。
●定員に達した場合は、入場を制限させていただきますのでご了承ください。
●各プログラムの間には約10分の休憩が入ります。
●上映作品、上映・トーク時間は変更する場合があります。
●イベントの様子は記録、取材のため写真撮影する場合があります。
2017EARTHVISION多摩チラシ
(PDFファイル409KB)
多摩エコ・フェスタ2017チラシ
(PDFファイル253KB)
2017EV多摩チラシ 多摩ecofesta2017チラシ
 

映画の紹介

 1回目上映 13:40 / 2回目上映 18:00

「ふたりの桃源郷」

   第90回 キネマ旬報 文化映画作品賞 受賞(ベスト・テン第1位)
   平成28年度 文化庁映画賞 文化記録部門優秀賞 受賞
   第40回 山路ふみ子映画賞 福祉賞 受賞
   第4回 グリーンイメージ国際環境映像祭 グリーンイメージ賞 受賞

「山」で暮らす夫婦と、支える家族
誰もが自分や家族に重ねずにはいられない、
25年間の貴重なドキュメント。

山口県のローカル放送局・山口放送が、ある夫婦と彼らを支える家族の姿を足かけ25年にわたり追いかけたドキュメンタリー。 カメラが静かに捉え続けた、電気も水道もない山で暮らす夫婦と、離れて暮らす家族の姿は、多くの人々の心を掴み、再放送を望む声が局に寄せられるなど大反響を呼んだ。

山口県内および日本テレビ系列「NNNドキュメント」で長きにわたり放送され、「第4回日本放送文化大賞 テレビ・グランプリ」ほか数々の賞を受賞した伝説のシリーズ、待望の映画化!

山口県岩国市美和町の山奥で暮らす田中寅夫さん・フサコさん夫妻。二人が、電気も電話も水道も通っていないこの山で暮らすのには、ある理由がありました。 山は、戦後まもなく一からやり直そうと自分たちの手で切り開いた大切な場所。 高度経済成長期に大阪へ移住し、三人の子供たちを育て上げた寅夫さんとフサコさんでしたが、夫婦で還暦を過ぎた時、「残りの人生は夫婦で、あの山で過ごそう」と、思い出の山に戻り、第二の人生を生きる道を選んだのでした。

畑でとれる季節の野菜、湧き水で沸かした風呂、窯で炊くご飯…かけがえのない二人の時間に、やがて「老い」が静かに訪れます。 山のふもとの老人ホームに生活の拠点を移した後も、山のことが心から離れない二人。離れて暮らす家族の葛藤と模索。 そして夫婦亡き後、残された家族に〈芽生えた〉ものとは――?そこには、現代における“幸せの形”のヒントがありました。

「ふたりの桃源郷」予告編

「ふたりの桃源郷」スタッフ

監督:佐々木 聰
企画 赤尾 嘉文 / 製作指揮:岩田 幸雄
プロデューサー:久保和成
撮影:山本 透、山本 宏幸、山本 健二、善甫 義隆 音声:糸賀 孝雄、綿野 光士、兼弘 文生、足立 邦昭、向田 篤

製作著作:山口放送
配給宣伝協力:ウッキー・プロダクション

ホームページ「ふたりの桃源郷」オフィシャルサイト

 上映 15:20 

「水と風と生きものと〜中村桂子・生命誌を紡ぐ」


人間は自然の一部である。

「生きていること」を大切にする社会を求めてさまざまな人々と語り合います。
被災地に絵本を届ける編集者・末盛千枝子さん、各地に「みんなの家」をつくり続ける建築家・伊東豊雄さん、自然エネルギーを取り入れた風の彫刻家・新宮晋さん、 東北の「いのちを巡る思想」を探る民俗学者・赤坂憲雄さん、アフリカからの人類の足跡を辿った探検家・関野吉晴さん、そして喜多方市の小学校農業科では、子どもたちと一緒に…。

「水と風と生きものと」予告編

「水と風と生きものと」スタッフ

監督:藤原道夫
企画:村田英克
プロデューサー:牧 弘子
撮影:中島博道、中井正義、長谷川武弘、長谷川 諭 録音:藤平喜弘

ホームページ「水と風と生きものと」オフィシャルサイト

 トーク 17:20

中村桂子氏トーク


中村桂子さんは、科学者であり、哲学者であり、何よりも生活者です。
毎朝、お陽様が昇るように、一日一日をきちんと生きる。
当り前だから難しい、今、いちばん大切な生き方が、ここにあります。

東日本大震災を経た今、「人間は生きものであり自然の一部」と語る中村のメッセージは、科学や芸術の枠を超え、共感の輪を大きく広げています。

科学者として、生活者として、生きものを見つめる中村の姿から、自然との関わりの中に「いのちの音」を見出す賢治の生命観が浮かんできます。

 上映 13:00 

「生命の誕生」~絶滅危惧種日本メダカの発生~

2003年環境省の絶滅危惧種に指定された日本メダカ。この日本メダカの受精から胚の形成、そして孵化するまでの生命が形作られる過程を、顕微鏡撮影で丹念に記録した作品。

2015年 文化庁映画賞 文化記録映画優秀賞
2015年 キネマ旬報 文化映画ベスト・テン 第7位

監督:豊岡定夫/2015年/13分

アニメ「おとなりさんとわたし」

エコロジカルなアリと、無頓着なセミはお隣さん。ある寒い朝、セミの家は水も電気も止まってしまい……。
監督:ルイーズ=マリー・コロンと6人の女性たち/ベルギー/8分

アニメ「やっかい払い」

虫や動物との共生をコミカルに描いた出色のアニメ。ハエとシロアリをエコロジカルに退治。
監督:ニック・ヒリゴス/オーストラリア/10分


主催: EARTH VISION多摩実行委員会 / 東京ガス 多摩支店
共催: 多摩エコ・フェスタ2017実行委員会 / たえのは
後援: 多摩市 / 多摩市教育委員会
提携: 公益財団法人 多摩市文化振興財団(パルテノン多摩)

〈運営ボランティアスタッフを募集しています。〉
「EARTH VISION多摩」は、映画・環境に興味のある市民で構成される「EARTH VISION多摩実行委員会」により運営されています。 企画・上映作品選定などから当日の運営まで、一緒に活動してくださるボランティアスタッフを募集しています。
お問合せはこちらまで

↑ PAGE TOP